【青汁】ケールとは?その効能や効果とは?

ケールの効能

青汁によく使われるのが【ケール】ですが、これは、黄色野菜の王様と呼ばれているものです。ここでは、ケールの効能や効果についてご紹介していきますね!

スポンサーリンク

青汁のケールとは?

青汁のケール

ケールは、アブラナ科の一種で、ブロッコリーや芽キャベツやちんげんさい、などと同じく、アブラナ科の野菜になります。ケールは栄養が非常に豊富で、アブラナ科の野菜の中でも栄養価がもっとも高いと言われています。

ただ、独特の青臭さや苦味があるので、一般の料理には向きません。

ケールの効能や効果について

ケール 効果

その代わりと言っては何ですが、青汁の原料としてよく用いられているのです。今では、青汁といえばケールというぐらい印象が強くなっています。

アブラナ科アブラナ属の植物であるケールの原産地は、南ヨーロッパの地中海地方になります。ケールは主に青汁の原材料として広く使われていますが、効果や効能としては、生活習慣病の予防や血糖値抑制効果があります。また、アレルギー改善効果もあり、ビタミンやミネラル、カルシウムや鉄などの栄養補給に最適です。

ケールには、βカロチンやビタミンC、食物繊維、葉酸、鉄、葉緑素などが豊富に含まれていて、アブラナ科の植物特有の成分であるグルコシノレートも含まれているので積極的にとっていくといいですよ♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加